カテゴリー「Cryptid 未確認生物」の4件の記事

首のない鶏

51121i1 マイクと名付けられたこの雄鳥は頭部を切り落とされて18ヶ月間も生きた。
アメリカで「Mike, Mike - where's your head? Even without it you're not dead!(マイク、マイク、おまえの頭はどこ行った? なくたって別に構わないだろうけどさ)」という子供たちの囃し歌にうたわれているのがこのマイクだ。

1945年9月10日、コロラド州フルータの農夫ロイド・オルソンは、義理の母親が夕餉の支度をはじめ、妻が目配せをしたのを合図に裏庭に向かった。 母親は鶏料理が得意で、その鶏をしめるのはオルソンの役目だった。
後にマイクと呼ばれる五ヶ月半の雄鳥を捕まえたオルソンは、手斧で勢いよくその首を撥ねた。
小気味いい音を立てて転がる首。 だがどうしたことか、首を撥ねられた雄鳥はもがいて立ち上がるとそのまま庭を横切り、鶏小屋の方角に向かって走っていってしまった。
この晩、雄鳥が卓にのぼることはありませんでした。

明けて次の日の朝、オルソンは鶏小屋で撥ねられた首を羽根の下にくるみ、うたた寝している雄鳥を見つけて驚いた。 最初はまさか生きているとは思わなかったが、鶏がない首をもたげて毛繕いする様子や物音に反応するさまを見て恐怖を感じた。
雄鳥が未だ命長らえているばかりか、首がないという不自由だけで他の鶏と変わらぬ仕草をおこなう姿に衝撃を受けたオルソンは、この鶏を生かし続けることにした。

餌はトウモロコシをよくすり潰したものと水を混ぜ、点眼器を使って食道に垂らした。 雄鳥はたまに喉を詰まらせて暴れることもあったが、そんな時には捕まえてスポイトで水を押し込んで通りをよくした。 また雄鳥は首がないにも関わらず、止まり木にとまり、朝は時を告げる仕草をした。声の出ない喉はごぼごぼと鳴った。
また雄鳥は他の鶏と同じように成長もした。 首を撥ねられた時に2.5ポンドだった体重は最後には8ポンドになっていた

いつしかマイクと名付けられた首なし雄鳥の噂は広まり、双頭の牛などの畸形動物たちと一緒に見世物小屋で晒される生活がはじまりまった。 マイクの写真は何十という雑誌や新聞に掲載され、人々をあっと驚かせた。 しかしながらマイクの付き人となったオルソンのもとには動物愛護協会などから連日のように抗議が寄せられた。
人々はマイクを見るのに25セントの料金を払い、絶頂期には月に4,500ドルも稼ぎ出していた。 

ともあれ、こうしてマイクが暮らしている間、痛みを感じていたかというと、これがそうでもないようで、後の研究によれば、マイクは首がないだけで極めて健康体であり、傷からの痛みはほとんどなかったことが報告されている。

・マイクの死
そんなマイクにも命火の尽きるときがやって来た。
1947年3月のこと、見世物小屋の興業からいっとき羽を休めるために家に向かっていた先のアリゾナ州フェニックスのモーテル。 マイクは喉を詰まらせた。 オルソンは興業先にスポイトを忘れてきてしまったためにマイクを救うことはできなかった。あまりにもあっけない最後だった。
オルソンは後に否定しているが、一説によるとマイクには2年先の予定まで組まれていて、もう生きるのは充分だったのかもしれない。

死後の解剖で、マイクは斧がそれたために頸動脈から一気に血が噴き出すことがなく、切断面で血液が凝固し血管を塞いだこと。 また脳幹と片方の耳が無傷で胴体内に残ったことが死に至らなかった理由だったことがあきらかになった。 生命維持のための反射運動などは、鶏の場合ほとんど脳幹で処理されるのでこういう奇跡的なことが起こったようだ。

(英語版wikipediaより引用)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体は豚で頭は猿のような生物

253425342511 東南アジアのある国で、今までに見たこともない不思議な怪奇生物が捕獲された。この生物は豚のような手足をしていながら顔は猿のようでもあり、両目が異様に近い場所についている。

この未確認生物の正体はまったく不明のままだが、現地人は臆する事なくこの生物を抱いたり触ったりしている。どうやら、現地人には怪奇生物というより、珍しい動物といった扱いをされているようである。

この生物も人間に抵抗することなくゆったりとしているようで、犬やネコのように人間に慣れてしまっているようだ。

ちなみに、この生物に対して専門家の一部は「毒物や化学物質などの影響で、豚などの生物が遺伝子レベルで突然変異したのではないか?」と推測しているという。

2121252534251 24535234245352341_2

52534253425341 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正体不明の超巨大生物が漂着

ギニアの沿岸に毛の生えた謎の巨大生物死骸らしきものが漂着した。死骸は一部腐敗しているものの、四本の足と尻尾らしきものが認められるという。調査した現地の科学者は、同様の生物は以前にも目撃したことあるが、如何なる生物かは全く分からないと話している。

この生物には、研究者たちさえ困惑しているという。全身が長い毛皮で覆われていて表面はまるで焼け焦げたように黒と茶色になっている。

Hairmonster11 Hairmonster21 Hairmonster31 Hairmonster41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

異常に毛深い未知の生物を発見

南太平洋の深海にて、ブロンドに似たシルクのような毛を持つ、未知の甲殻類の生物が発見された。科学者らによれば、生物は既知の如何なる生物とも異なる特徴を有しているため、新たな類、科をこの生物のために設置する予定であるという。

発見された生物は、昨年、イースター島から約900マイル離れた沖合深海7540フィート(約2262m)の地点で、米仏の探索チームによって発見され、パリ国立自然博物館の論文誌で発表された。探検チームのマイケル・セゴンザク氏によれば、生物のサイズは体長約15cm、”驚くべき特徴を有し”ており、ハサミは毛のような糸状物質で覆われ、また盲目で”網膜の痕跡”のみが見られという。

同海域において、新種が発見されることは特に珍しいことではないが、新たな類が発見されることは極めて稀である、とセゴンザク氏は語っている。この生物が属することになる類は、ポリネシアンの神話に登場する"Kiwa"(甲殻類の神)に準えて”Kiwaida”と名付けられる予定である。

New_lobster1_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)