« 特集 樹齢2000年以上の生物(1) 脳サンゴ | トップページ | 特集 樹齢2000年以上の生物(3) ウエルウィッチア »

特集 樹齢2000年以上の生物(2) バオバブ

Baobab31 Baobab101 Baosei1 D0063814_92039371 Thumb51

バオバブ

サバンナ地帯に多く分布。高さは約20メートル、直径は約10メートル、確認されているもので最大のものは、高さ47m、直径15mである。年輪が無いため樹齢を知ることは難しいがが、数千年に達すると言われている。

葉は幹の上部につき、乾季に落葉する。花は白色で大きい。果実はヘチマのように垂れ下がり、堅い。果肉は食用・調味料とされ、セネガルでは「サルのパン」と呼ばれる。ビタミンCがオレンジより多く、カルシウムも牛乳より多い。さらに種子からは油が採集できる。また、若葉を野菜として食すことができる。

大木には10トンもの水分を幹にたくわえており、乾季になると葉を落として休眠する。休眠中はその水分でだけ生きのびることができる。

巨木になるには数百年かかるが、幼木ならば盆栽技術を適用し、年数をかけて小型に仕立てることも可能。

|

« 特集 樹齢2000年以上の生物(1) 脳サンゴ | トップページ | 特集 樹齢2000年以上の生物(3) ウエルウィッチア »

strenge plant 怪奇植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1636856/43958763

この記事へのトラックバック一覧です: 特集 樹齢2000年以上の生物(2) バオバブ:

« 特集 樹齢2000年以上の生物(1) 脳サンゴ | トップページ | 特集 樹齢2000年以上の生物(3) ウエルウィッチア »