« 特集 樹齢2000年以上の生物(2) バオバブ | トップページ | 特集 樹齢2000年以上の生物(4) オニナラタケ »

特集 樹齢2000年以上の生物(3) ウエルウィッチア

Mafnam171 Img84768ce6zikdzj1 Fb5d6defeaafac789a53d9dafd25b1921

ウエルウィッチア

和名はサバクオモトもしくは、キソウテンガイ。

生息地は、アフリカのアンゴラ、ナミビア、ナミブ砂漠に分布。普段降雨量が少なく雨が降ると川になる地域の周辺に生息していることが多い。

葉が何枚もあるように見えるが、生涯で二枚の葉しかもたず、この二枚の葉が次第に裂けて広がって行く。

葉は半永久的に成長し続け、こういった植物は植物全体でみても極めて珍しい。

茎の中央部にくぼみがあり、そこから細い枝をだし花をつける。種子は二枚の翼をもち風によって運ばれる、花粉は、風または昆虫によって運ばれる。根は長いもので10mにも達する。

寿命は1000年以上。

|

« 特集 樹齢2000年以上の生物(2) バオバブ | トップページ | 特集 樹齢2000年以上の生物(4) オニナラタケ »

strenge plant 怪奇植物」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1636856/43959100

この記事へのトラックバック一覧です: 特集 樹齢2000年以上の生物(3) ウエルウィッチア:

« 特集 樹齢2000年以上の生物(2) バオバブ | トップページ | 特集 樹齢2000年以上の生物(4) オニナラタケ »